ミュージックフリマにお出かけ 2018.12.9(日)

今日の午前はいつもと違い、音楽の時間。
ギターの練習をしたり。

写真では分かりづらいかもしれませんが「エビカニクス」を踊ったり。

でも今日は早めに切り上げます。
なぜならば。本日、福祉の里で行われてるイベント、「ミュージックフリマ」に出演する川地さんを見にいくためです。
川地さんには、以前deco boko BLUESにも出演していただきました。利用者さんの中に熱烈な「川地ファン」がいます。
とっても嬉しそうに聴いてました。客席で一緒に歌ってた方も数名。
演奏後、早速川地さんのところに行って、「またデコボコさんに来てください」ってお願いをしてました。

川地さんの次に出演していた「チェアラップ」さん。
スタッフ田中の昔のバンド仲間でした。びっくり。
そんで、人が大好きな利用者さん、出演後、早速お話に行ったり、ギターでなんか弾いてもらったりしてました。

帰り道、「あー。楽しかったー」とある女性の利用者さん。
スタッフとしては当然嬉しいのですが、そんなに?って思ったりも。
カラオケやったり、友達と会ったり、ちょっとしたお出かけに行くって、まあ「普通のこと」って感覚。今日の企画は、そこまでスペシャルではない。

どうしてだろう、って考えてるうちに、昨日、ある方がおっしゃってたことを思い出しました。

その方は福祉サービス事業所のスタッフさん。そこの利用者さんで、休日に事業所の駐車場で長い時間一人で過ごしてる方がいるという。
なぜか。
休日でも、時々職員が色々な用事で事業所に顔を出すことがたまにある。
車から職員が降りた時に、ちょっとお話をしたい。おそらく数十秒か長くても数分。
そのために休みの日に駐車場で待ってる。職員が来るか来ないかもわからないのに。

今日の彼女の「楽しかった」の中に、話を聞いてもらった、おしゃべりできた、新しい知り合いができた、そんな要素があるのかなってことを、思いました。

「アタリマエ」に近付こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)