でこぼこチカラコブくらぶ 2019.9.4(水)

今日は朝からこちらに行ってきました。

中部大学です。
deco boko BLUESから直線距離で約2kmのところにあります。

生命健康科学部 理学療法学科の宮本靖義先生にお話を伺ってきました。

でこぼこチカラコブくらぶ、「楽しく」が第一ですが、末長くみんなに健康でいてほしい、という願いがあります。
そのためには、一人ひとりに合わせた運動の強度とか、どこを重点的に鍛えるか、というアプローチが必要です。

専門家の宮本先生に、運動に関するアドバイスをいただくための訪問です。

一緒に行ったHさん、「大学」という言葉に対しては「?」って反応でしたが、「学校だよ」と伝えると、わかってくれた様子。
宮本先生の研究室に着くと、ゼミ生(女子)がいて、緊張。
先生に対しては最初から平気だったようです。スタッフの私に対してもですが、”おじさん”だからかなあ。

先生とゼミ生と一緒に構内を散歩。なかなかに広く、アップダウンもあります。東海自然歩道的な遊歩道もあり、いい運動になりました。
散歩中にいろいろおしゃべりし、Hさんもだんだん打ち解けてきた様子。

建物内では、リハビリや運動の器具の部屋を案内していただいたりしました。
今回は使用しませんでしたが、次回やってみたい。
また敷地内にプールもあり、在学生以外にも開放しているそうです(知らなかった!)。

運動の強度を知るために、心拍数を参考にできること、その測り方のコツ。
体重を維持するための、必要な運動量(歩く距離だとなかなかの距離!)などを教えていただいたりしました。

スタッフとしては、ついついその目標に向けて頑張りたくなってしまいたくなるところですが、「無理なく(最初は目標の7、8割でも良しとする)」「動機付け(虫が好きなら、それを捕まえに行くとか)」「継続」「記録すること(万歩計/血圧など)」とのアドバイスも。

Hさん、研究室に戻ってからはだんだん本来の明るさを発揮。
「たなかせんせー(先生と呼ぶ癖はなかなか抜けない(笑))、(ゼミ生の)名前はなんていうんですか?」「自分で聞いてみたら」といったやりとり。

宮本先生とは、健康や運動の話だけでなく、同年代との交流が大事ってこととか、ダンスやるだけでなく、発表の場があったらもっと頑張れるねってこととか、ゼミ生たちとのキャンプに、deco boko BLUESのみんなとどう?って話題も出たり。
これから月に一回、中部大にお邪魔します。よろしくお願いします。

午後にスタッフとサンフロッグ春日井のプールへ。とても楽しみにしていたHさんでしたが、外は雨。
だんだん激しくなってきて、ついに雷が。そしてHさんのテンションはガタ落ち(雷が一番怖いそうです)。今日は早めに切り上げました。

Hさんはすごい照れ屋さん。ゼミ生さんの顔、顔を上げてまともに見れず。
彼は名前を覚えるのが苦手で、覚えるまで何度も聞いてきて、一所懸命に覚えようとします。一度覚えてしまえば、すごい記憶はいいんですが。

今回、ゼミ生の方の名前、あっと言う間に覚えてました。
きっと楽しかったのかな。
学生さんたちと、ワイワイ楽しくやれること、いっぱい考えていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)