水曜日のdeco boko BLUES

ホームページでの活動紹介は、土日祝がほとんどですが、deco boko BLUESは平日もやってます。

水曜日は「チカラコブくらぶ」と名付けた、楽しく体を動かすことに特化した活動を行なっています。

水曜日にこれまでやってきたこと。
・プール(サンフロッグ春日井)
・山歩き(春日井市少年自然の家付近など)
・ダンス/カラオケ
・ジム(サンフロッグ春日井2F)
・中部大学に訪問(運動前後の血圧を測定するなどし、理学療法学科の宮本先生に助言をいただいたりしています)
・フレッシュパーク(小牧市)

10/30(水)には小牧市のフレッシュパークに行ってきました。

ここの名物?は「おもしろ自転車」がたくさんあって、公園内の周回路を走ることができます。

自転車のペダルを漕ぐ、という動きですが、日常で自転車に乗っている方は足をどう動かすか、など意識することはほとんどないのではないでしょうか?
実はジムのペダル漕ぎマシーンをやってみてわかったことですが、スムーズに回せない人の方が多数派でした。
色々、難しいのです。でもこれからこれから。

転ぶ心配のない自転車で、自分で漕ぐ楽しみ持ってくれたらいいなー、という狙いです。

道をそれて止まってしまいました。

一周の中に緩やかなアップダウンがあって、結構ペダルは重め。
スタッフが後ろから押してなんとか登り切りました。

右、左、右、左とリズミカルに足を動かす、というのは結構難しいもの。
何度もペダルから足が離れてしまいます(大柄というのもありますが)。
それでも、自分で踏み込んで、自転車が進んだことは嬉しかったのか、「○くん(自分のこと)、出来たね」と言ってました。
1周で利用者さんもスタッフも汗だく。

スタッフの知らない隠れた才能を見せるA氏。初めてのプールでは、自らゴーグルを装着し、クロールで息継ぎをしながら泳ぎ始め、スタッフはびっくり。

展望タワーにも登ってきました。

学校卒業後に体重がぐんぐん増えてっちゃってる、という悩みをよく聞きます。福祉施設などご利用の方は送迎利用が多く、一般の方より歩いたり自転車に乗ったりする機会は少ないように思います。
また、活動がどうしても手作業、軽作業中心になりがちで、十分に運動をしてる、という方は少数派なのではないでしょうか。

ただ長生きするのではなく、いかに健康寿命を延ばすか、が現代の常識となってきています。
しかしながら、知的障がいの分野では、その取り組みはまだまだ遅れているように感じています。

だからこその「チカラコブくらぶ」。
お問い合わせお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)